フォト

2018/12/14

高級煎茶「あさつゆ」100g2000円出来上がりました。

年末になり、高級茶が動いています。
やっぱりお使い物は少なくなりましたが、それでもお歳暮で売れていきます。
今回出来上がった煎茶「あさつゆ」は、昔からの茶銘で、品種名ではないのですが、戦前からこの名前で販売しているため、そのままになっています。
うちの一番上の方のお茶なので、お茶の芽がミルいです。
そのため色芽ではこの下の「玉翠」100g1000円のお茶よりも少し黄色く見えます。
それはお茶の新芽が小さいので、その分まで色乗りが濃い緑になる前の新芽なためです。
カメラで撮ると、それが顕著に出るような気がします。
Img_5570


Img_5580


Img_5583


Img_5587

これで一番上のお茶の材料は終了。
追加が来たら困ります。
このクラスのお茶は、足りないから他から持ってきてということがなかなか出来ません。
安い方のお茶でしたら、その少し上のお茶の材料を、コスト逢わないけどしょうがないと入れることもできるのですが、一番上では・・・。

何はともあれ、一番上のミル芽の味を楽しめるお茶になります。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/12/12

茎茶「ちゃばしら」出来上がりました。

今日は茎茶の「ちゃばしら」を作りました。
Img_5555


Img_5559


Img_5563


Img_5567

茎茶の良いものは煎茶並みの外観の色と、重みをしています。
というのも、茎の先っちょのところは緑に染まり、煎茶の葉と見分けがつかないからです。
お茶の葉がよれた所、煎茶になるところはお湯に浸すと、撚れている葉が開いてきますが、茎の先はそのまま柔らかくなるだけです。
いろい茎よりも柔らかく、もちろん旨味もたっぷり持っているので、質量が重いです。
茎自体は、植物の水分栄養を運ぶ管なので、葉のところよりも軽く、特に育って硬くなった茎は軽くなってきます。
そのため、安い茎ほど軽く、またしっかりと管になっている感じですね。
管なので隙間が多いので軽く、その分あっさりとした甘みのお茶になるわけです。
ですが、このあたりのミルい(お茶の葉が小さい)頃のお茶から出る茎は、その管が目の先っちょのところなので白くなっていず、緑に染まり、また柔らかく旨味を持っています。
まだ管になる前なので、重く、甘みの強いお茶になります。
へたをすると100g1000円のお茶よりも旨いかと思います。
なので、茎茶しか買わない、茎茶のファンのお客様も出るわけです。

さて、しかし年末で、急ぎの仕事ばかり。
なかなかブログのアップまで手が回りません。
実のところ、お茶の加工自体はもっとしているのですが、写真を撮り忘れ、書き忘れ、アップし忘れです。
なのでアップが少なくても、ご勘弁ください。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/11/26

今週末、五日市ファーマーズ愛菜で、お茶のつめ放題を行います。

今週末、東京あきる野市の五日市ファーマーズ愛菜の農業祭で、お茶のつめ放題を行います。
今、持っていくお茶を準備しています。
お近くの方ぜひおいでください。
P_20161119_083512_2


P_20161119_083454

五日市ファーマーズ愛菜で農業祭が行われます。
そこでお茶のつめ放題を行います。
300g缶につめ放題なので400g~500g以上入ります。
今回は深蒸し1500円のつめ放題もためにやってみます。
お茶が重いので、600gぐらい入ってしまいました。
高いお茶ほどお茶が入るので、高いお茶ほどお得です。
毎年お茶が足りなくなるほどなので、今回は少し多めに車に積んでいく予定です。
ぜひおいでください。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/11/21

煎茶「玉翠」100g1000円出来上がりました。

さて、昨日出来上がった煎茶「玉翠」です。
100g1000円(1080円)デス。
スタンダードで、一番の売れ筋のお茶です。
どこのお茶屋さんでも同じでしょうが、このクラスのお茶に一番いい物を持ってきます。
とは言っても、もちろん100g1500円、2000円の方が旨いのですが、値段に比しての旨さというか、お得度はこのあたりが一番あります。
というのも、この辺りが上のクラスのお茶では一番売れる=いい材料を使っても売れてくれるので採算が合う。このお茶の取れる時期が一番お茶の旬の頃の新芽の部分のお茶なので、量もそこそこ取れ、その割に品質も良い時期にできる。
というような理由があります。
またお茶屋さんが一番売りたいお茶なので、良い材料を入れるということもあるのです。
Img_5529


Img_5533


Img_5536


Img_5540

で、今回のお茶は重く出来、味もどっしりとした甘みのあるお茶にできました。
お茶の出来に重みは関係ないという方もいるかもしれませんが、重い=質量が大きいお茶で、お茶が細かいから重いのとはちょっと違います。
お茶の新芽自体の質量が重い、つまり新芽自体が旨味が詰まっている新芽だということです。
こういうお茶を売りたいというお茶ができたと思います。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/11/19

品種茶№7132 さわのみどり 出来上がりました。

なかなか更新する余裕がなかったので、今日の出来上がったお茶をアップ。

品種茶№7132の「さわのみどり」です。
このお茶は甘みが強く、水色とコクが強い品種です。
お茶の品種はほとんどが「ヤブ北品種」で、それ以外の品種はあまり流通していません。
それは勿論欠点があるもの、美味しくないものもあるのですが、畑での生育が難しい物、農家さんが機械で揉みあげてお茶に製造するのが難しい物も上げられます。
このお茶は、まず肥料がやぶ北よりも使う品種で、その分新芽の葉肉が厚く、つまり機械で揉んでお茶に製造するのに難しいお茶です。
肥料が少ないと赤っぽいお茶になってしまい、揉むに失敗しても赤いお茶になってしまいます。
そのため、作るに難しいのであまり増えないわけです。
ただ逆に味はまろやかで、独特な香りと甘みがあり、このお茶が好きという方も多いです。
他にはない味とコク、そして色と香りをお楽しみください。
Img_5512


Img_5520


Img_5522


Img_5523


Img_5528

朝一から作業をして、出来上がりました。
なかなか同時進行で仕事をしていると、どうしてもアップなどは後回しで忘れてしまいます。
ちょっと気を付けてアップするようにしたいです。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/10/29

先週末、川崎支店でお茶のつめ放題を行いました。

先週末の土曜日に、支店でお茶のつめ放題を行いました。
盛況で、午後いちには完売だったそうです。
毎年こんな風で、毎年のお客様もいらっしゃいます。
お天気も良かったので、お客様にもお天気にも感謝です.
ありがとうございました。
Cid_dad5d368620d4b41ad01e566fdefbc2


太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/10/25

週末に、川崎支店で茎茶のつめ放題

今週の土曜日に、川崎支店では、茎茶つめ放題400円を行います。
毎年行っていますが、大体お昼ごろで完売になっているようです。
ご購入の方はお早めに。
Img_5451

Img_5454


Img_5456


Img_5459


Img_5461


Pop

土曜日に行うので、今日この茎茶を発送しました。
いつも開店前から並ぶお客様がいらっしゃるそうなので、開店前に荷物がないと大変なことに・・・。

太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/10/24

粉茶の最上級、「クレモナ粉」出来上がりました。

仕上げた、「クレモナ粉」です。
うちの一番上の粉茶です。
Img_5441


Img_5443


Img_5447


Img_5449

昔はクレモナ崖と、被せの事を言っていたので、それからうちでは最上級の粉茶をクレモナ粉と名前を付けています。
今回はもう上の粉茶が少なくなってきたので、当店の上級茶を仕上げた時に出た粉を、もう一度トウミという機械にに掛け、軽いところを外し、売り物になるように仕上げました。
お茶を仕上げると軽いところを粉茶として外します。
所がそのままの粉では、本当に軽いふわふわした粉も入っています。
するとそこが埃っぽい味がするため、そこを外し軽いなかでも重いところだけにして粉茶として販売します。
2枚目の写真は一煎目、二煎目、そして茶殻です。
茶漉しで入れるので、一煎目、二煎目を入れています。
茶漉しで入れるのはお寿司屋さんなどで、入れる粉茶を多く使い、しかも茶漉しで入れていて何煎か入れるので、とりあえず、二煎入れています。
茶漉しの場合、お湯は粉茶の中を通るだけなので、一煎目よりも二煎目の方が水色が濃くなります。
そのため粉茶の色を見るときは二煎目までは観るようにしています。
しかし、ご家庭では普通に急須を使って飲んでいただければよく、そのため急須でも味の確認をするのです。

やはり上級の粉茶は旨いですね。
煎茶よりも旨味は少ないのですが、すっきりとしたコクのある味です。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/10/22

業務用の2番茶仕上げました。

先週仕上げた、業務用の2番茶です。
Img_5428


Img_5431


Img_5434


Img_5437

2番茶なので、1番茶よりも苦みが強いため、火入れ乾燥をその前の初摘よりも攻めました。
その意味は、2番茶自体が1番茶を摘み取りした後の出る2番目の新芽でできているので、1番茶のように冬中に吸った養分を使うのではなく、その残りと、1番茶後の肥料の養分を使うため、どうしても養分の吸収量が少ない=旨味が少ないです。
また、新芽の伸びるときの気温が、1番茶よりも10度以上高いので、その分伸びるための時間が短い=短時間で伸びるので新芽の葉肉が薄く、またその分養分をためれない。+気温が高いので良く伸びる=成長のためのホルモンが多いと苦味が多いのです。
つまり、1番茶よりも2番茶の方が葉肉が薄く、旨味が少な
く、苦味が多いわけです。
そのため、苦味を消すために火入れ乾燥を強くし、香ばしさでうまみを引き出し、高い温度で火入れ乾燥することで苦みを甘味に変えていくわけです。
ですが、ただ単純に乾燥機の温度を上げるだけでは、お茶は焦げてしまいますし、2番茶は1番茶よりも葉肉が薄いので、お茶の色が緑から劣化してしまいます。
そのため、ただ乾燥機の温度を上げるのではなく、乾燥機の部分部分の温度設定を変え、色落ちをせずに火入れ乾燥を強くしていくわけです。

それでも2番茶はどうしても1番茶よりも美味くはなりません。
それはお茶自体のもとのポテンシャルがやはり1番茶と2番茶では違っているからです。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/10/17

煎茶「初摘」秋の仕上げで出来上がりました。

煎茶「初摘」が出来上がりました。
秋の火入れなので、やはり空気が乾燥するので、火入れが良く入ります。
そのため夏に仕上げたお茶よりもやや香ばしく、甘味を引き出す火入れになりました。
夏場は香ばしくしようと思っても、湿度が高い分、火入れ乾燥機の温度をいくら上げても、香味を秋の仕上げのように引き出すことはできません。
またあまり温度を上げすぎると、焦げてしまったり、お茶の色や、水色の色を落とすことにもなってしまいます。
そのギリギリを狙って火入れをしないと、旨味と香りを引き出すことができません。
そういう意味でも秋はお茶の仕上げをするのにいい気候です。
Img_5415


Img_5419


Img_5424


Img_5425

さて、今回の仕上げで結構な量を加工しました。
これでしばらくの売り分はある予定でいます。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

«昨日は川根茶品評会の審査員でお茶の審査に行ってきました。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ