フォト

2018/10/17

煎茶「初摘」秋の仕上げで出来上がりました。

煎茶「初摘」が出来上がりました。
秋の火入れなので、やはり空気が乾燥するので、火入れが良く入ります。
そのため夏に仕上げたお茶よりもやや香ばしく、甘味を引き出す火入れになりました。
夏場は香ばしくしようと思っても、湿度が高い分、火入れ乾燥機の温度をいくら上げても、香味を秋の仕上げのように引き出すことはできません。
またあまり温度を上げすぎると、焦げてしまったり、お茶の色や、水色の色を落とすことにもなってしまいます。
そのギリギリを狙って火入れをしないと、旨味と香りを引き出すことができません。
そういう意味でも秋はお茶の仕上げをするのにいい気候です。
Img_5415


Img_5419


Img_5424


Img_5425

さて、今回の仕上げで結構な量を加工しました。
これでしばらくの売り分はある予定でいます。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/09/14

昨日は川根茶品評会の審査員でお茶の審査に行ってきました。

昨日は川根の川根茶品評会に審査員として招かれ行ってきました。
審査員はたくさんのお茶を同時に見ることができるので、大変勉強にもなります。
昨日は約20種類以上のお茶を3回、3つの種目別(大体どこもですが、設定値段別選手権になります)に拝見、審査せていただきました。
普段川根のような形状のあるお茶はあまり見ないので、そういった面でも勉強になります。
ですが、昔と違い川根でも結構蒸し系が増えてきているようで、中蒸し系の物はかなり見受けられました。
P_20180913_092521


P_20180913_095936


P_20180913_095943

一番上の特撰級のお茶は、特に優勝したお茶は全国品評会に出るクラスのお茶に見え、形状も、香りも、水色も、滋味も満点でしたが、それだけの価値のあるお茶でした。
いい勉強をさせてもらいました。

でも、3品目、70点ほどのお茶を拝見評価を連続でするのは非常に疲れます。
常に感覚を澄ませて見れるようにしないといけません。
なので、拝見しているときは常に無心で、お茶を真剣に見続けるとどうしても疲れますね。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/09/12

地元の金谷茶品評会の審査。

先ほど、地元の金谷茶品評会の審査会が終了しました。
毎年、市元の茶商さんが集まり、お茶の審査入札をしています。
今日はその審査の日。
他地区の茶商さんや、県の茶業試験場の先生に審査していただきます。
来月そのお茶を入札します。
Img_5318


Img_5320


Img_5323


Img_5324


Img_5327


Img_5331

そこで、少し市の担当の方とも話したのですが、なかなか審査のやり方が難しいです。
というのも、旨いお茶を見つけるか、公平になるように審査するかです。
例えば、お茶の新社大体同じなのですが熱湯で審査茶碗で入れ、3分ほど出して、網を揺すらないように審査用のカップ網を引き揚げ、水色や味を審査しますが、熱湯だと欠点がより出てしまいます。
急須で入れた場合、雑味が出ないように急須が作られているので、美味しく入れれます。
が、急須で入れた場合、お湯の入れ方で茶葉の動き方が違い、味が違い、急須からの注ぎ方で急須を揺する、上下に動かす、動かし方のスピードでも味が変わってきます。
つまり審査をする運営側のちょっとした入れ方の差で味が変わってしまう変化が大きいわけです。
そこで公平にするというと、熱湯で審査茶碗で、しかも注ぐスピードもストップウォッチで計りながら一定になるように、という方が公平な入れ方になるのです。
そういう意味でも審査のやり方は難しいものです。

今回びっくりしたのが網さじ。
お茶の香りを審査するのに網さじという茶殻をすくう網を使います。
その網さじが(最後の写真ですが)右側が前の物、左の枠が太いのが今の物です。
職人さんがいなくなって前の物が作れなくなったそうです。
あるいみ、こんな物だのですが、こんな物もできなくなってきているのはちょっとショックでした。
Img_5315

しかし疲れました。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/08/29

お茶の仕上げ、「特撰ヤブ北」仕上げました。

昨日仕上がった「特撰ヤブ北」です。
Img_5289


Img_5292


Img_5294


Img_5296

もう少し秋になってから仕上げたかったのですが在庫がなくなって、仕上げました。
でもお天気が不順で、まってまってまって、お天気が安定した今週に仕上げました。
やはり、夏場でもお天気の良い日、湿度が少ない日に仕上げた方が火入れ乾燥の火の入り具合が良く、芯まで火入れが入る感じです。
特にこれから秋。
新茶時の頃よりも少しづつ火入れ乾燥を強くして、茶葉の芯の旨味を引き出していきます。
また、気温もこれから低くなり、香ばしいお茶の方がうまく感じるようになってきます。
そのため少し攻めた火入れのお茶のにしていくのです。
また湿度が低い方が、火入れを攻めても色の劣化が少なく、良い緑色を保ったお茶になります。

今週に入って、いいお天気、それでも湿度が低いお天気になって、ほっとしています。
お盆後お天気が不順で、天気を見ながら仕上の予定を立てて、準備をして、天気予報を見ながら計画していきました。
うちはそれでもお茶の仕上げ工場のところに、空調を入れ、除湿しながら仕上出来るだけいいのですが、それでもお天気の良い日の方が仕上げに向いています。
今週も前半は仕上げ祭りです。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/08/21

茎茶、業務用1番茶「ヤブ北棒」製造しました。

今朝は、業務用の1番茶茎茶「ヤブ北棒」を製造しました。
夏場なので、量は少し少なめですが、在庫がだいぶ足りなくなってきました。
Img_5275


Img_5278


Img_5281


Img_5284

拝見(お茶を見るのをお茶屋では拝見といいます。なので、お茶を見るお盆も拝見盆と言います。)すると、かなり内容(味、水色、香りなどの、いわゆる内実とか内質などといわれる)のいい出来。
やはり茎茶は内容が良くないといけません。

少し火入れは弱めですが、茎茶の甘みが出るように、茎の芯まで火入れはしっかり入れてあります。
ぜひお試しください。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/08/08

夏季休暇のお知らせです。

今週末の8/11(土)~8/16(木)まで夏季休暇をいただきます。
Photo

僕自身は、お盆でお寺さんや、嫁さんの実家へ行きますが、周辺にはいますので、対応は可能です。
ただ運送会社がやはり今の時代で厳しくなり、締め切り時間の早期化、運送料金の休日料金アップ、会社によっては前日予約でないと受け付けない等なってきました。
それはそれでしょうがないのですが、前日予約というのはちょっと・・・・。
休日の出荷自体が急ぎの物しかないように思うのですが・・・。

とはいえ、そういう状況ですので、お休み前にご注文を頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/07/09

茎茶の、最上級。ミル芽から出た茎茶「ちゃばしら」仕上げました。

茎茶の最上級品「ちゃばしら」作りました。
さて、新茶からずっと販売してきたのですが、こういう茎は出るところが少ないので、製造に苦労します。
上質な茎を集めなくてあいけないからです。
どういうことかというと、まず、上級茶から出た茎を保管してためておくのですが、上級茶の製造の量がまず限られます。
そして、お茶は高い上級茶の、小さい柔らかい新芽を摘んで製造するので、茎の割合自体が少ないです。
同うことかというと、安いお茶ほど、伸びた新芽で作るわけで、高い伸びてない新芽は茎の部分も短く、安い伸びた新芽だと茎のっ分も伸びているわけです。
例えば当社の「あさみどり」100g1500円のお茶だと、煎茶に仕上げていく時出る茎の量が3%から5%程度。さらに仕上げる量が少ないわけですからこのクラスの茎が少ないのは推して知るべしデス。
これが100g800円の「特撰ヤブ北」あたりだと5%~7%。
100g500円前後だと7%~多い時は1割も茎茶になって出てきます。
そのため茎茶は安い茎茶は良があるのですが、高い茎茶はもともとの製造量自体が少ないわけです。
Img_5130


Img_5132


Img_5133


Img_5137


Img_5140

さて、今度の「ちゃばしら」の出来は味の濃い茎茶でできたと思います。
やはり、良いお茶から出た茎はミルく、(つまりちいさいころのものなので柔らかい)そのため味も煎茶並みに出ます。
ちなみに、葉の部分よりも、ミル芽の茎の、黒い芽先のような茎は、旨味成分のテアニンが一番多いそうです。
これが安いお茶、茎が硬く伸びてしまうとなくなってしまうので、高いお茶ほど煎茶よりも甘い茎茶になるわけです。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/06/25

いいお天気。いいお茶の仕上げ始めました。

おはようございます。
今朝は快晴、日本晴れ。
朝からいいお天気です。
Img_5095

そのため今日からいいお茶の仕上げです。
午後から曇りになるようですが、それでも今日はまだ湿度が最近の中では一番少ないです。
お茶の仕上にはいいお天気です。
お茶は乾燥物です。
他の乾燥食品もそうでしょうが、湿度はかなり影響します。
お茶の場合、湿度によって静電気の発生量が違い、そこで仕上げ精度がどうしても1%程度の誤差が出ます。
例えば粉などは飛出す(お茶に風邪を当てて軽いところを飛ばす。軽いところが粉茶)精度が、静電気でお茶同士がくっつくとどうしても1%程度は変わってきます。
また湿度が多いと火入れ乾燥の、遠赤外線の到達量が変わります。
そういった意味では今日は仕上げ加工をするのに最適です。
Img_5096


Img_5097

ここ何日かはいいお天気が続きそうです。
今週もよろしくお願いします。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/06/22

JA秋川五日市ファーマーズ愛菜で新茶つめ放題

毎年行う、新茶のつめ放題です。
農業祭に合わせて行います。
毎年車で1杯持っていくのですが、2日目には品切れです。
今年は少し多めに持っていきます。
水出し煎茶の販売、その他お茶、急須も販売いたします。
お近くの方はぜひおいでください。
http://www.ja-akigawa.or.jp/t_aina.html

昨年の様子です。
P_20170624_095220


P_20170624_092451


P_20170624_095205

今年のつめ放題用のお茶です。
たっぷり入れますのでお近くの方はぜひ
Img_5087


Img_5085


Img_5090


Img_5094


茶缶が通常つめ放題を行う缶よりもかなり大きな300g缶を使用しますのでたっぷり入ります。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/06/15

業務用煎茶「花の雫」出来上がりました。

今朝は業務用の煎茶「花の雫」を製造しました。
一昨日から仕上げ加工、火入れ加工をして、今朝合組をして出来上がりになりました。
Img_5070


Img_5072


Img_5076


Img_5079

さて、実のところ今年の相場的には、1番茶は安いお値段のところまでできました。
そのため、今年のこの「花の雫」は1番茶も使用して製造しています。
なので、味は業務用の煎茶としてはいい味に出来上がっています。
やっぱり1番茶は水色も味もいいお茶ですね。

今日は涼しい日です。
曇りで気温が低く、少し雨が降っています。
ですが、6月のでこの涼しさはどうなのでしょう。
今年は特に仕入れの状態が例年と違う気がします。
いつもと同じ材料で同じ物、ではなく、いつもとは違うものでも向く材料でお茶をが仕上げ加工しないと同じお茶にならない感じですね。

毎年毎年違うものを、試行錯誤で予想し、同じお茶になるように・・・。
同じものを毎年というのは難しくもあり大変でもあります。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

«お茶の再審査。年間の材料決め

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ