フォト

« 品種茶№7132「さわのみどり」の秋の仕上げが仕上がりました。 | トップページ | 一番売れている茎茶「鷹の爪」100g600円。出来上がりました。 »

2017/09/22

高いお茶から出た粉茶「クレモナ粉」仕上げしました。

今日は粉茶の最上級品の「クレモナ粉」を仕上げました。
Img_4198


Img_4200


Img_4204


Img_4210

粉茶、茎茶(棒茶)などは、「出物」といわれます。
ようは、お茶を仕上げるときに出た物、出物というわけです。
お茶を仕上げるとき、煎茶にするには、その味を濃くするため、味の旨味を引き出すために、味の薄い部分、雑味のある部分を外します。
その雑味のある部分が茎茶と粉茶です。
その茎茶、粉茶ですが、例えば煎茶の100g1000円から出たものだと、当店では茎茶では600円、粉茶では400円となります。
茎茶には茎茶の独特の甘み、粉茶には粉茶のあっさりとした味があり、別の味があります。
ですが、煎茶の新芽の葉の部分の旨味を邪魔したり、薄めたりするために外すわけです。
なので、外した出物は、精製した煎茶よりはお安く販売するわけです。
ですが、出物も味の方向性が違うだけで、不味いとかではないので、逆に言うとお得なお茶でもあるわけです。
例えば茎茶は煎茶とは違う茎の甘みがありますし、粉茶は粉茶のあっさりした味があります。
そこをわかっていただければ出物のお茶でも十分美味しくいただけるわけです。
また、茎や粉を取らない「荒茶づくり」などは取ってない分お安く販売されているわけです。

さて、今回出来上がったクレモナ粉ですが、上級の「あさみどり」などから出た粉を精製したものです。
煎茶を仕上げた時に出た粉茶をそのままですと、少し埃っぽいので、そこから軽い部分を外します。
粉茶自体が煎茶の、お茶の新芽の葉の部分の重いところから外れた軽いところですが、その軽いところからさらにふわふわしたところを外します。
すると苦味や、士触りの悪いところが外れるのです。
粉茶はお寿司屋さんなどで出てくるお茶ですが、やはりいいお茶から出た粉茶は旨味が多く、このクレモナ粉あたりですと、同じ値段のお煎茶よりも旨味は多いです。
濃い水色のあっさりとした味ですが。
ケースバイケース、味の方向があっているようでしたら、出物のお茶もお試しいただくのも一考です。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 品種茶№7132「さわのみどり」の秋の仕上げが仕上がりました。 | トップページ | 一番売れている茎茶「鷹の爪」100g600円。出来上がりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82087/65822842

この記事へのトラックバック一覧です: 高いお茶から出た粉茶「クレモナ粉」仕上げしました。:

« 品種茶№7132「さわのみどり」の秋の仕上げが仕上がりました。 | トップページ | 一番売れている茎茶「鷹の爪」100g600円。出来上がりました。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ