フォト

« 特上芽出来上がりました。 | トップページ | 煎茶100g600円の初摘が出来上がりました。 »

2018/04/28

新茶で、茎茶「鷹の爪」ができあがりました。

今朝、茎茶の100g600円の「鷹の爪」ができあがりました。
これは100g1000円前後のお茶を仕上げるときに出る茎を集めて、仕上げたものです。
茎独特の甘みが今年のお茶は強いように感じます。
Img_4875


Img_4881


Img_4883


Img_4890

茎茶は好き嫌いがあり、茎独特の甘みが好きという方、煎茶のコクが好きという方、茎茶の香りが良いという方、茎茶のすっきりとした味が好きという方、様々です。
茎茶は、茶の木の新芽の先に養分を運ぶ、いわばパイプです。
そのためパイプの内部には新芽の先まで持っていく養分が残り、それが茎の繊維と相まって甘味になります。
しかしパイプなので、煎茶よりもコクでは少し劣り、その代わりすっきりとした甘み、旨味は強いのです。

しかし、茎茶は煎茶を作る時、全体量の5%程度しかたまりません。
そのため煎茶を仕上げて仕上げて、茎をためて作ることになります。
下のお茶ほど、お茶の新芽が伸び、つまり茎が多いのですが、その美多分茎の甘味旨味は拡散し、薄い味になってしまいます。
なのでミル芽の茎茶は結構貴重になります。

丁度味ののったころの新芽の茎を集めたものですので、値段よりもおいしくいただけるクラスの茎茶になります。
ぜひ一度お試しください。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 特上芽出来上がりました。 | トップページ | 煎茶100g600円の初摘が出来上がりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82087/66660102

この記事へのトラックバック一覧です: 新茶で、茎茶「鷹の爪」ができあがりました。:

« 特上芽出来上がりました。 | トップページ | 煎茶100g600円の初摘が出来上がりました。 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ