フォト

« 業務用の2番茶仕上げました。 | トップページ | 週末に、川崎支店で茎茶のつめ放題 »

2018/10/24

粉茶の最上級、「クレモナ粉」出来上がりました。

仕上げた、「クレモナ粉」です。
うちの一番上の粉茶です。
Img_5441


Img_5443


Img_5447


Img_5449

昔はクレモナ崖と、被せの事を言っていたので、それからうちでは最上級の粉茶をクレモナ粉と名前を付けています。
今回はもう上の粉茶が少なくなってきたので、当店の上級茶を仕上げた時に出た粉を、もう一度トウミという機械にに掛け、軽いところを外し、売り物になるように仕上げました。
お茶を仕上げると軽いところを粉茶として外します。
所がそのままの粉では、本当に軽いふわふわした粉も入っています。
するとそこが埃っぽい味がするため、そこを外し軽いなかでも重いところだけにして粉茶として販売します。
2枚目の写真は一煎目、二煎目、そして茶殻です。
茶漉しで入れるので、一煎目、二煎目を入れています。
茶漉しで入れるのはお寿司屋さんなどで、入れる粉茶を多く使い、しかも茶漉しで入れていて何煎か入れるので、とりあえず、二煎入れています。
茶漉しの場合、お湯は粉茶の中を通るだけなので、一煎目よりも二煎目の方が水色が濃くなります。
そのため粉茶の色を見るときは二煎目までは観るようにしています。
しかし、ご家庭では普通に急須を使って飲んでいただければよく、そのため急須でも味の確認をするのです。

やはり上級の粉茶は旨いですね。
煎茶よりも旨味は少ないのですが、すっきりとしたコクのある味です。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 業務用の2番茶仕上げました。 | トップページ | 週末に、川崎支店で茎茶のつめ放題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82087/67307816

この記事へのトラックバック一覧です: 粉茶の最上級、「クレモナ粉」出来上がりました。:

« 業務用の2番茶仕上げました。 | トップページ | 週末に、川崎支店で茎茶のつめ放題 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ