フォト

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 煎茶「初摘」仕上げました。 »

2019/01/11

年明け。特撰ヤブ北を仕上げ加工しました。

年明けに、新茶が始まるまでに不足するお茶を、仕上げ加工していきます。
「特撰ヤブ北」を仕上げしました。
Img_5621


Img_5625


Img_5626


Img_5631


Img_5633

この時期の最大の、お茶を仕上げるうえでの要素は、空気の乾燥と静電気、気温です。
というのもお茶の旨味を引き出すための火入れは、この時期がある意味最も適しています。
それはまず湿度が少ない事。
そのため火入れ乾燥機の火力の温度を、低めでも茶葉の水分が取れ、また高い温度で入れても茶葉が素早く冷めるので、茶葉の色の劣化が少ないのです。
同じ温度設定でも、気温が低いため、その温度まで持っていくための火力は強くなり、ドラム乾燥機などの鉄板を温めて火入れをする火入れ乾燥機では夏場よりも強い火力で火入れをすることになります。
ですが外気温が低いため茶温も低く、そのため高い火力でも焦げにくく、また火入れ乾燥後の茶温も早く下がるため、茶葉の色の劣化も低くなります。
そのため冬場の時期の火入れの方が甘味が出るともいえます。

逆にこの時期は静電気が起こりまくりなので、各工程後の機械の中に茶葉がくっつき、その始末が大変です。

写真の1枚目は昨日出来上がったばかりのところで、2枚目が今朝真空パックしておいた見本を出したものです。
昨日の方がお茶の細かいところが見えにくく、判断をするのに大変です。
Img_5609


Img_5619

今回のはそういったわけで水色が良く、甘味も良く出た感じに、冬の仕上げのお茶の感じにできました。
よろしければ冬の味をお楽しみください。
太田園ネットショップ
お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/
フェイスブック
Mixiページ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 煎茶「初摘」仕上げました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82087/67579365

この記事へのトラックバック一覧です: 年明け。特撰ヤブ北を仕上げ加工しました。:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 煎茶「初摘」仕上げました。 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ