フォト

« 新茶 火乃香 香ばしい火入れの香りのお茶です。 | トップページ | 新茶の茎茶「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。 »

2019/04/30

新茶「特撰ヤブ北」100g800円が出来上がりました。

昨日の夕方、100g800円の「特撰ヤブ北」が出来上がりました。
なかなかいい出来です。

ここまでくると、少し攻める火入れをしています。
この上の「玉翠」よりはやや強めの火入れですね。
それは上のお茶に比べると、だんだん茶葉が硬くなってくるので、旨味を引き出すために、芯の方まで熱を入れるためです。
ここで、勘違いしていけないのは、強火ではないことです。
強火で焦がすような火入れをするお店もありますが、それはせっかくの新芽の良い香り旨味を消してしまいます。
そうならない、芯まで入る火入れにできました。
なので、出来上がったお茶を入れてある袋を開けると、ぷ~んとするお茶の甘い香りが広がります。

いい出来のお茶は、袋を開封したときの香りの広がりが違います。

  

  

さて、今日は日雨の日なので、明日の入荷話です。
新しいクラスのお茶は雨後の製造になります。

今日も寒いぐらいの雨の1日でした。
仕事をしていても湿度が結構高い日です。
こういう日でも、うちの工場は昔から空調で除湿ができるので助かっています。
そこはうちの親父様に感謝です。
機械の心臓部は、何年か前に入れ替えましたが、外回りはそのまま使用しています。
お茶に一番隊的なのは湿気。
いまだに新しい工場で空調を入れていないお店が結構あることをかんげると、親父様は先見の明がありましたね。
ありがたいことです。
 
さあ、明日の仕入れはこれでなしで、農家さんもやきもきしてしまう日でした。
雨が降って、冷たい気温の日でも、お茶の新芽は日々成長していきます。
そのため気温が低くても、その後の製造したお茶は、雨前のお茶よりも育って、下のお茶にどうしてもなってしまいます。
でも雨の日に摘採は、品質の面でどうしてもできません。
濡れることによって新芽が参加し、色も赤く、味も苦くなってしまうのです。

« 新茶 火乃香 香ばしい火入れの香りのお茶です。 | トップページ | 新茶の茎茶「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新茶 火乃香 香ばしい火入れの香りのお茶です。 | トップページ | 新茶の茎茶「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ