フォト

« 煎茶「川根路」100g500円が出来上がりました。 | トップページ | 業務用茎茶「ヤブ北棒」出来上がりました。 »

2019/05/09

新茶で品種茶№7132「さわのみどり」できあがりました。

昨日仕上げした、№7132品種「さわのみどり」をアップします。

  

  

品種単独のお茶は、販売するのに大変です。
お茶は実物(みもの、例えばリンゴなど)と違い、新芽を加工したものなので、気候の長期的な影響はもちろん、日々伸びていく新芽の物なので、短期的お天気の影響をかなり受けます。
なので、総体量が少ない品種茶では毎年同じレベルの物を販売するのが結構大変です。
 
普通のお茶は「ヤブ北品種」が主体なので、この場所のこのお茶が、いつもと品質が違うものができた(これはいい時も悪い時もあるわけです)場合は、総体の量が多いので、同じようなものがあるわけです。
 
所がこの7132品種などでは、うちでは3日分の納入、しかも量もやぶ北品種よりも少ない量しか入荷しません。
そのため、限られた量の中で品質を維持するようにしなくてはいけないわけです。
そこにはもちろん農家さんの努力で同じようなレベルにしてもらうことももちろんですが、仕上げ技術でも同じレベルになるようにしていくわけです。
 
今年の物は、香りも品種独特の甘い香り、独特の甘みが良く出ています。
水色も抹茶のような水色で苦くないお茶に出来上がっています。
№7132品種は、他のお茶屋さんで桜葉の香りのお茶として売っていますが、正直この品種は香りは特徴がありますが、それよりも蒸して味を出した方が美味しいと思います。
実際、うちの「さわのみどり」は濃い水色で、普通なら苦くなるのに甘いということで、売れているわけですから。
 

 

« 煎茶「川根路」100g500円が出来上がりました。 | トップページ | 業務用茎茶「ヤブ北棒」出来上がりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 煎茶「川根路」100g500円が出来上がりました。 | トップページ | 業務用茎茶「ヤブ北棒」出来上がりました。 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ