フォト

« 新茶の茎茶「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。 | トップページ | 特上粉出来上がりました。 »

2019/05/02

八十八夜です。

今日は八十八夜です。
今日摘採したお茶が、一番いいお茶になると言われています。
それは立春から数えて八十八日目が、新芽の状態が良いと昔からされているからです。
 
現在では温暖化で、静岡の早場所は終わるところ出てくるぐらいです。
昔は手摘みでしたから、いまよりも茶畑の新芽の伸びたところを拾って早く摘めました。
今の機械摘みですと、芽が揃わないといけないので、ある意味遅く始めるわけです。
なので、昔からすると当時よりも新茶時期が二週間ほどは早くなっているのではないでしょうか?
僕がこの業界に入った30年以上前は4月の末から手摘みが始まり、八十八夜ごろにやっと新茶を売り出し始めという感じでした。
何しろ5/2に、当時はお茶祭りがあり、その日はその協力で一日お祭りでお茶の接待をやっていましたから。
その後、5/2あたりは一番忙しくなり、とてもお茶祭り自体ができなくなってきて、時期が半月ズレたのです。
 
今では、もう最盛期半ば過ぎ。
大分変りました。
良い事か悪い事かは別として昔のようには戻れませんね。
 

 

« 新茶の茎茶「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。 | トップページ | 特上粉出来上がりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新茶の茎茶「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。 | トップページ | 特上粉出来上がりました。 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ