フォト

« 玉翠100g1000円を作りました。 | トップページ | クレモナ粉出来上がり »

2019/06/12

特撰ヤブ北100g800円が出来上がりました。

昨日仕上げした、「特撰ヤブ北」800円のお茶を合組しました。
昨日、抜き分け、仕訳、火入れ乾燥までして、今日は朝から合組です。

   

お茶の仕上げは、基本的にはどのお店でも一緒ですが、そのお店ごとに仕上げるときの工程の順番や、例えばうちはお茶の仕上げはぬきわけなど仕訳を行った後に火入れ乾燥を行いますが、最初に行うお店もあります。
うちは、火入れ加工の後、出来るだけお茶の劣化がないように冷却、そのまま合組まで持っていき、お茶の劣化を少なくしたいと考えています。
最後火入れ加工した方が、お茶の水分がまだ多いので、(と言っても原料たる荒茶で7%、仕上げ茶でも5%ですが)静電気の起こる率が少なく、そのため色沢で茎を取る色彩選別機で、茎にお茶の葉がくっついて取れないということが少なく、また粉を取る時も静電気が邪魔をします。
そのため、わずかですが水分が多い、生(荒茶ということ)で抜き分けや棒取粉取りなどの仕分けをした方が良いのです。またそうした方が火入れ乾燥をするときも、葉なら葉の部分、また大きさも分かれるので、大きさごと、火入れ乾燥をする機械を変え、設定を変え、細かな調整ができるわけです。
そうした方が、火入れ乾燥でぎりぎりに攻める火入れ、焦げないで甘みの出るギリギリの、色も落ちない温度に設定できると考えています。

   

さて、今回の仕上げは、これから夏に向かうので、前の仕上げよりも少しだけ火入れを攻め、少しだけ香ばしく仕上げました。
火香というほどでは無い甘い香りのする、うまく甘みを引き出した仕上になったかと思います。

« 玉翠100g1000円を作りました。 | トップページ | クレモナ粉出来上がり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉翠100g1000円を作りました。 | トップページ | クレモナ粉出来上がり »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ