フォト

« 2019年6月 | トップページ

2019年7月

2019/07/16

ほうじ茶を炒りあげました。

今日は午前中いっぱいで、ほうじ茶を炒りあげました。
最近では、焙煎という言葉を使う方もいますが、やはりほうじ茶は「炒る」方だと思います。
炒るは高温で炒りあげる、焙煎はジリジリと焦がす様なイメージがあります。

 

Img_5665

さて、今日は写真を撮り忘れたので、前回のほうじの写真です。
ほうじ茶は炒りあげた甘みを楽しめるお茶です。
燻った香りでない、すっきりとした高温でカリっと炒りあげたものの方が。うちのほうじ茶の特色です。

2019/07/09

茎ほうじ茶を炒りました。

さて、今日は茎ほうじを炒っています。

茎のほうじなので、すっきりとした水色で、薄めの色です。
やや入りを浅くするタイプなので、黄金色の茎に仕上がります。
茎の方が、本茶(葉の部分)よりもすっきりとした感じに仕上がります。
それは炒った茎を見るとわかるのですが、茎は葉に栄養素を運ぶパイプです。
勿論パイプ自体も栄養をため、パイプの終点の部分などは一番旨味成分がたまっているそうですが、柔らかい葉ではありません。
そのためどうしても抽出するとあっさりしたものになります。
ですがそのほのかな甘みが旨味になっています。
お茶も部位によって、味も味わい方も変わってくるということですね。

 

実のところ、ほうじ茶は夏場に炒りたいです。
それはほうじ茶は、高温でお茶を炒り、急速に熱を持ったことで中の水分が膨張し、お茶が膨らむお茶です。
つまり炒ったお茶はかなりの熱量を持っています。
そのため冬場の製造だと、空気が乾燥して、火が出やすい、つまり火事になりやすい可能性があります。
勿論当店では、炒りあげたほうじ茶はそのまま冷却機で急速冷却し、熱を持たないようにしています。
ですが、何かの拍子に・・・・。
当店では火事を出したことは過去1度もありませんが、他のお茶屋さんではほうじ茶の製造が原因で火事を出したことも過去にはあります。
そのため、ほうじ茶の製造には、お茶の品質だけでなく、いろいろに余分に気を使います。

まあ写真のように、朝から製造にかかっていますが、まあうまく炒れています。
味も甘い。
これは自家炒りの醍醐味でしょうか。

なので、今日はうち周辺で香ばしい甘い香りが漂っています。

太田園ネットショップ お茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/ フェイスブック Mixiページ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2019年6月 | トップページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ