フォト

« 煎茶100g500円の川根路が出来上がりました。 | トップページ | 特撰ヤブ北100g800円仕上がりました。 »

2019/10/18

煎茶の常茶、「初摘」100g600円を仕上げました。

今週も煎茶を仕上げ。
涼しくなってきたので、お茶の在庫が少なくなってきました。
なので順次順次。
まあこれで大体そろった感じですが・・。
 
お茶の仕上げ自体は少し涼しくなってからの方が仕上げやすいです。
冬になると静電気が発生して仕上げにくいのですが、火入れ乾燥は気温が低い方がよく入るからです。
それは気温が低い方が、火入れする前の茶温も低く、外気も低いため、乾燥機の中の茶温を上げるための火力を強くしても、茶面の色が変わりにくいのです。
仮にお茶の乾燥機の中の茶温を100度にもっていくとすると、夏場の気温が40度近くの時と秋の気温が15度ぐらいの時では、バーナーなどの出力と熱風は、秋の方が強いのです。
そのため秋の方が強い熱気にあてることになるのですが、茶温は同じため、そこで色が劣化することはありません。
また火入れ乾燥機から出たお茶を、うちの場合は冷却機で冷ますのですが、そこでも気温が低い方が早く冷め、色目が変わりにくいのです。
なのでお茶の仕上げはできるなら夏場を避けたいです。
まあうちの場合は仕上げ工場に空調機を入れて、温度を下げ湿度を取っているだけましなのですが・・・。

   

  Img_6742

さて、今回は100g600円の「初摘」です。
この辺りが常茶として、食事時にも、一服の時にもよく飲むお茶になります。
そのため量的には一番出るクラスのお茶です。
個々は1番茶のある程度伸びた新芽のお茶で、かといって一番最後の伸び切った新芽ではない、旨味もまだある当たりのお茶になります。
そのためが普通に飲むには最適なお茶かと思います。
 
前回の仕上げよりも火入れが甘い香りが出て、渋みから甘味を引き出せたと思います。

« 煎茶100g500円の川根路が出来上がりました。 | トップページ | 特撰ヤブ北100g800円仕上がりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 煎茶100g500円の川根路が出来上がりました。 | トップページ | 特撰ヤブ北100g800円仕上がりました。 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ