フォト

« 100g1000円の煎茶、「玉翠」が出来上がりました。 | トップページ | 茎茶「鷹の爪」100g600円出来上がりました。 »

2019/10/03

茎茶の一番上、「ちゃばしら」100g800円が出来上がりました。

茎茶の一番上、「ちゃばしら」を仕上げました。
このクラスの茎茶は、茎自体が柔らかく、旨味をたっぷり含んでいるので甘いです。
茎茶はお茶を、原料の荒茶から煎茶に仕上げる時に、外す茎の部分を使って仕上げるのですが、その原料の品質、ミル芽さによって出来上がる茎茶の格が変わります。
このクラスの茎茶は、先週から仕上げていた上級茶の茎茶と、農家さんから出るやはりミル芽の茎を、抜き分け、粉、ケバ取り火入れ乾燥したものです。
茎茶は煎茶を仕上げるときに5%から8%程度しか出ません。
それを集めためておいて仕上げます。
やはり上級茶から出た茎茶は、ミル芽の柔らかい深淵のついていた茎なので柔らかく、その分旨味も多く含んでいます。
茎はお茶の新芽に養分を運んでいく管なので、その最後の先の部分などは分析すると葉の部分より旨味を多く含んでいます。
ですが、葉の部分のようにお湯を注すと開いて成分が出てくるわけではないので、どうしても煎茶よりも薄い感じになります。
ですが、このクラスの茎になると、茎自体がお湯でとろけるので、味も煎茶並みに出て、美味しくいただけます。
たまには茎茶もいか

   

がでしょうか?
 
ですが、この茎茶、お茶から出る割合は少ないので、新茶前には品切れになることもございます。

« 100g1000円の煎茶、「玉翠」が出来上がりました。 | トップページ | 茎茶「鷹の爪」100g600円出来上がりました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100g1000円の煎茶、「玉翠」が出来上がりました。 | トップページ | 茎茶「鷹の爪」100g600円出来上がりました。 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ