フォト

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021/08/27

最上茎茶「ちゃばしら」100g864円出来上がりました。

続いて、1番茶の一番上の茎茶「ちゃばしら」を仕上げしました。
Img_8480 Img_8483 Img_8484
Img_8485 Img_8486 Img_8488
前項の「あさみどり」から出た茎もそのまま仕上げに入れて仕上げています。
この「ちゃばしら」は、1番茶の上のクラスの煎茶を仕上げるときに出た茎を使用して仕上げています。
煎茶から出てくる茎は、高いお茶、上級品ほどミル芽の原料の荒茶を使用しています。
ミル芽、つまりお茶の新芽がまだ小さい時のお原料のことです。
新芽が小さい=新芽がまだ伸びていない=茎の割合が少ない、材料から出た茎なので貴重です。
今回の「あさみどり」からは4%程度しか出ません。
なのでこういう茎を集めて仕上していきます。
もちろん、農家さんから出た荒茶電棒(農家さんの所の静電棒取り機から出た棒)の良いものも使用しています。
こういう茎は、まだまだ柔らかいため、農家さんで新芽を蒸して、揉んでいく過程で、平たく潰れてしまった茎が出てきます。
そういう茎の割合が多い方が、旨味のある茎茶になります。
安い茎茶になると、育った新芽の茎になるので、茎が硬く、丸くなって潰れた茎自体が少なくなります。
今回の「ちゃばしら」も旨味のある茎茶で出来たので、甘みのある出来で出来ました。
4_20210827120401
https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/n007ghtrgz.html

 

2021/08/25

あさみどり100g1500円(税込み1620円)出来上がりました。

昨日製造した煎茶「あさみどり」です。
Img_8467 Img_8470 Img_8474
Img_8475 Img_8477
お盆前にかなり出てしまい、お天気のタイミングを見ながら仕上げにかかりました。
幸い空調を入れれば湿度は押さえられる設備を入れているので、朝から仕上です。
抜き分けも丁寧に、火入れも慎重に入れて、仕上げしました。
出来上がった「あさみどり」は、新茶時に製造した物よりは形状が良く(つまり寸が長く)出来上がりました。
味のコクもうまく出せた仕上になりました。
これでしばらくの間、上級茶のお茶も何とか在庫が対応できる予定です。

Photo_20210825111701

https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/mxb5tw5k34.html

 

太田園ネットショップお茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/フェイスブックMixiページにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本茶へブログランキング・にほんブログ村へ

 

2021/08/24

業務用1番茶茎茶「ヤブ北棒」も仕上げました。

昨日に引き続き、1番茶業務用茎茶「ヤブ北棒」をアップします。
煎茶「初摘」から出た棒も使用したので、連続で製造しました。
Img_8456 Img_8458 Img_8460

Img_8462 Img_8463 Img_8464
とはいえ、茎だけで仕上げ機で抜いて(網で太さを分ける、太いところを外す)、長めのところは1枚抑えて(切断機で長さを短くする)、火入れ乾燥後、合組をしました。
生のままではこの甘い香りが出ません。
業務用なので、「鷹の爪」よりは薄いですが、それでも1番茶の味はやはり旨味に現れてきます。
同じ業務用でも、2番茶だと甘み、旨味がやはり少ないです。
お手軽に、1番茶を、あっさりと飲みたい方にはお勧めです。

4_20210824135601
https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/n01hv09r6p.html

太田園ネットショップお茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/フェイスブックMixiページにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本茶へブログランキング・にほんブログ村へ

 

2021/08/23

先週仕上した煎茶「初摘」

先週仕上げた、煎茶「初摘」600円(税込み648円)です。
在庫はもう少しあるので、このお茶は9月半ばからの販売になるかと思います。
それまでは今までの在庫のお茶での販売です。

Img_8443 Img_8447 Img_8450

Img_8452 Img_8453
今回は少し火入れの設定をかなりいじり、結構、攻めの火入れをしてみました。
火入れ乾燥機の火力をただ上げて温度を上げるだけでは焦げるだけで、この湿度が高い時期だといい火入れになりません。
炭火火入れを見座下遠赤外線火入れ乾燥機を使用する場合、その湿度によって赤外線は吸収され、火が通りにくくなってしまいます。
そのため詳細は言えませんが、今までよりもかなり設定を変えた火入れを行いました。
けっこう設定をいじりました。
そのため火入れにつききりで、様子を見ながら火入れしていました。
結構うまい火入れで出来たと思います。
旨味を出せる火入れで、焦げもなく、水色も緑を保ったままの出来です。
これから冬に向かっていくので、少し火入れ自体が強い方が、人間の体がうま味を感じるようになっています。
僕は、新茶の時に鮮度のある味も好きですが、少し火入れの強い、旨味の生きたお茶も好きです。
時期により、舌に合わせた味に仕上げるのが理想です。

4_20210823134601 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/mxbaqqxccg.html

太田園ネットショップお茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/フェイスブックMixiページにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本茶へブログランキング・にほんブログ村へ

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ