フォト

« 2021年9月 | トップページ

2021年10月

2021/10/12

煎茶並みに美味しい、茎茶「鷹の爪」100g600円(税込み648円)できました。

前回の仕上げの後、今回仕上げた茎と、冷蔵庫に保管してあった、農家さんから仕入れた電棒(静電棒取り機から出た棒、金属ドラムに高圧電流をかけ、そのマイナスの電磁気力でお茶から茎をとる機械。茶葉と、茎のわずかな静電気の反応の違いを利用している)を抜き分け火入れ乾燥して仕上、茎茶を製造しました。
Img_8564 Img_8566 Img_8568 Img_8570 Img_8571
茎は、お茶の新芽まで養分、水を運ぶ管です。
そのため、断面を見てもわからないですが、中空になっています。
そのためよく蒸した、まだ新芽も小さい柔らかい頃の茎は、新芽と一緒に蒸して揉んでいくことによって潰れて平たくなってしまいます。
もちろんすべての茎が平たく潰れて知るわけではありませんが、その割合が多いほど、柔らかい、新芽の小さいミルイ頃の茎だと言えます。
それがすべて断面が丸いままの茎が多くなると、かなり育った、硬い茎だと言えます。
この「鷹の爪」は、この上の「ちゃばしら」ほどではありませんが、ミル芽の茎を多く使い、蒸しの良い茶葉を混ぜ、味良く旨味良く仕上げました。
特に茎の部分は棚式熱風乾燥で、シッカリ中まで乾燥させ、火入れしたので甘みをより引き出せるように仕立てました。
茎の旨味がしっかり出る茎は、火入れ乾燥すると甘い香りが際立ってきます。
この「鷹の爪」は煎茶並みの味の濃さと、煎茶とは違った茎の甘みを味わえるお茶です。
4_20211012111201
https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/n008b9myzu.html
僕などはこの夏、この「鷹の爪」を普通に急須で水出しで、入れて楽しみました。
入れ方は、茎茶を急須に入れて、水を入れて冷蔵庫に放置。
苦くならないので、入れたまま忘れても大丈夫です。
そして水出しだと何煎でも差しが効きます。

 

2021/10/08

前回に引き続き、仕上げた煎茶「特撰ヤブ北」100g800円(税込み864円)です。

前回に引き続き、前回の「玉翠」のすぐ下のお煎茶「特撰ヤブ北」100g800円(税込み864円)です。
この時期はこうやって、不足分があるお茶を順次仕上げています。
Img_8549 Img_8550 Img_8551 Img_8554
Img_8556 Img_8558 Img_8559 Img_8561
やっぱり火入れがうまくいきますね。
そういう時はあまり悩まずに火入れが出来ます。
逆に悩んで調節を色々いじらなくてはならない場合は、旨く入れにくいです。
調節しながらうまいところを探すのですが、やはり湿度が高い時だと調節するに時間がかかります。
うまく旨味が出るような火入れでできがりました。
香ばしいまではいかない、甘い火入れしたお茶の香りが出ました。
こういう香りのするお茶は旨味が生きている火入れが出来た証拠ですね。
100_20211008155301 
https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/mxb77yak4i.html
この時期は仕上を頑張る時期です。

 

2021/10/06

煎茶「玉翠」100g1000円(税込み1080円)出来上がりました。甘い香りの旨味のあるお茶です。

先週仕上げた、煎茶100g1000円(税込み1080円)玉翠をアップします。
何度も書いてしまいますが、今の時期は火入れがうまくいきます。
もちろん調節しながら、途中でも美調節していきながら火入れ乾燥していくのですが、感覚としては最初の設定でばっちり、後は微調整でOKって感じです。
特にこの時期に火入れがうまくいってるなあというお茶は、仕上げをしていても、仕上げが終わって合組機で合組をしても、もちろん木箱に真空パック詰め作業をしても、甘い香りを感じます。
もちろん甘い香りと言っても、花のような香りではなく、香ばしいよりももう少し薄めの香りです。
こういう香りの仕上げたお茶は、自分で急須で入れて飲んでみても、「旨いなあ」と自画自賛して今います。
今回の出来は自画自賛のお茶ですね。
Img_8537 Img_8541 Img_8542
Img_8544 Img_8546
特に、この「玉翠」クラスのお茶は、野菜で言う旬のお茶です。
早い頃のお茶は、収穫量が少ないので高く、もう少し新芽が育つと量が取れても硬い新芽のお茶になってしまい、旨味が薄れます。
丁度そのせめぎあいの所、新芽も柔らかく、ほどほど収穫量がある新芽の時のお茶です。
なので作り手側からすると、一番お得な味のお茶だと思います。
新芽も柔らかいので、何回でも急須で入れることができるようなお茶です。
僕自身自分で入れて飲むときは5回ぐらいは入れているお茶です。
一人で楽しむには最適なお茶です。ぜひ手酌で飲む方にお勧めです。
100_20211006142701

https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/mvzvxzjtvs.html

太田園ネットショップお茶用ブログ http://ootaen.cocolog-wbs.com/1/フェイスブックMixiページにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本茶へブログランキング・にほんブログ村へ

2021/10/01

続いて「ゴールド太田園」仕上げました。

引き続き、順次仕上げたお茶をアップします。
今回は「ゴールド太田園」100g1200円(1税込み1296円)です。
Img_8527 Img_8530 Img_8532 Img_8533 Img_8535
今回は上のお茶から順番に仕上げていきました。
基本的にうちではお茶の仕上げは、順次上の価格帯からか、もしくは下のお茶から徐々に価格帯を上げた物を仕上げていきます。
いきなり上のお茶から下のお茶というよりはできるだけ一格二格の差のお茶を仕上げ散った方が、仕上げるときの抜きの調整、火入れの温度調整、粉などの出物取りの調整を少しづつ変えることで対応できるので、調整が素直にできます。
一番上のお茶から、一番下のお茶に仕上を変えると、安い茶は火入れを上のお茶からすると、極端に高くしなくてはいけないので、そこで悩むこともありますし、調整に時間をかけることになります。
さて、今回は前回の「あさみどり」からいっかく下のお茶なので、調整も少しで済みます。
もちろん確認しながらの調整ですが、目安があるのは非常に安心できます。
仕上は予想したように仕上がり、いい出来です。
秋の仕上げの上級茶です。
火入れも旨味を生かせる火入れで、丁寧に仕上げました。
ぜひ一度ご賞味ください。
4_20211001084201

https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/n141q634aj.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 2021年9月 | トップページ

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ