フォト

« 前回に引き続き、仕上げた煎茶「特撰ヤブ北」100g800円(税込み864円)です。 | トップページ

2021/10/12

煎茶並みに美味しい、茎茶「鷹の爪」100g600円(税込み648円)できました。

前回の仕上げの後、今回仕上げた茎と、冷蔵庫に保管してあった、農家さんから仕入れた電棒(静電棒取り機から出た棒、金属ドラムに高圧電流をかけ、そのマイナスの電磁気力でお茶から茎をとる機械。茶葉と、茎のわずかな静電気の反応の違いを利用している)を抜き分け火入れ乾燥して仕上、茎茶を製造しました。
Img_8564 Img_8566 Img_8568 Img_8570 Img_8571
茎は、お茶の新芽まで養分、水を運ぶ管です。
そのため、断面を見てもわからないですが、中空になっています。
そのためよく蒸した、まだ新芽も小さい柔らかい頃の茎は、新芽と一緒に蒸して揉んでいくことによって潰れて平たくなってしまいます。
もちろんすべての茎が平たく潰れて知るわけではありませんが、その割合が多いほど、柔らかい、新芽の小さいミルイ頃の茎だと言えます。
それがすべて断面が丸いままの茎が多くなると、かなり育った、硬い茎だと言えます。
この「鷹の爪」は、この上の「ちゃばしら」ほどではありませんが、ミル芽の茎を多く使い、蒸しの良い茶葉を混ぜ、味良く旨味良く仕上げました。
特に茎の部分は棚式熱風乾燥で、シッカリ中まで乾燥させ、火入れしたので甘みをより引き出せるように仕立てました。
茎の旨味がしっかり出る茎は、火入れ乾燥すると甘い香りが際立ってきます。
この「鷹の爪」は煎茶並みの味の濃さと、煎茶とは違った茎の甘みを味わえるお茶です。
4_20211012111201
https://store.shopping.yahoo.co.jp/teaootaen/n008b9myzu.html
僕などはこの夏、この「鷹の爪」を普通に急須で水出しで、入れて楽しみました。
入れ方は、茎茶を急須に入れて、水を入れて冷蔵庫に放置。
苦くならないので、入れたまま忘れても大丈夫です。
そして水出しだと何煎でも差しが効きます。

 

« 前回に引き続き、仕上げた煎茶「特撰ヤブ北」100g800円(税込み864円)です。 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前回に引き続き、仕上げた煎茶「特撰ヤブ北」100g800円(税込み864円)です。 | トップページ

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ