フォト

学問・資格

2007/12/05

今日は「ヤブ北棒」出来上がりました。

さて、今日は出張中から仕上げ始めていた「ヤブ北棒」が出来上がりました。
これも茎の良い香りが甘く広がって旨そうな香りが楽しめ、甘みが生きる火入れで出来ました。
なかなかいつも旨く出来るとは限りませんが、良い感じです。

さて、昨日までの出張で、お客さんから今年の世界お茶祭りの「熟成本山茶」をもらいました。
そして今日みんなで試飲して見ました。
正直なところ最初のときの5年前に飲んだ物と違って、熟成されてない気がしました。
どちらかと言うと新鮮香があります。
これをくれたお客さんもそう言っていましたから、間違いではないと思うのですが。
なんともどう判断して良いか迷います。
http://teaootaen.syuriken.jp/
http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2007/10/10

粉茶仕上げ中。そういえばエネルギー高。

今日、クレモナ粉、特上粉、業務用粉茶3種出来上がりました。
粉茶もしっかり仕上げしているのでてまは本茶(普通の煎茶)並みにかかります。
粉茶もこれで年末までの分が仕上がりました。
やれやれ。
明日から来週は業務用の安いお茶を仕上げします。
安いお茶ほど手間がかかります。

さて、どこでも一緒ですが、うちでは仕上げの火入れに使うガスが大幅な値上がりが9月から始まりました。
当社比1.5倍。ですね。
参ったなー。
そこで、ある小説で、おファンタジアな小説ですが、珪藻というまあ藻を培養というか栽培すると、そこから高効率の油が取れるそうです。
しかも絞りかすは石炭並みの火力だそうです。
いる物は培養用のいわば湖というかプールです。
たとえば中国などでは奥地で、ある程度水がある場所で行えば石油を作れるということです。
バイオエタノールなんか目じゃあないですよね。
石油の場合、汲み上げ精製するのに40%を燃やすそうです。
珪藻油の場合は絞りかすを使えばさらに高効率。
さらに二酸化炭素を吸収しますから、環境にもやさしい。
誰か考えないモンですかね。
http://teaootaen.syuriken.jp/
http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2007/04/04

菊川常葉 高校野球優勝

菊川常葉 高校野球優勝
さて、昨日からココログがメンテで、更新が出来なかったのでいくつかまとめて更新します。
先ずは今朝も菊川常葉の高校野球優勝が1面に載っています。
まあ僕の母校ではありませんが、静岡が優勝したのはだいぶ昔です。
親父の頃は結構強くて、母校の島田商業なども結構、甲子園にいったそうです。
でも最近は・・・・。
でも試合展開でも粘りある試合でしたし、良い試合でしたね。
しかし、本当は優勝すると思っていた人がおそらく周りでは1人もいないんじゃあないかなー。
お茶屋 太田園
太田園のお茶日記

2005/08/02

今日はヤブ北棒仕上予定。明日はいよいよ茶審査技術競技大会(闘茶会)

今日も熱いですね。

昨日の夜は久しぶりにクーラーを寝る前につけてから寝ました。

今年は夜は湿度が低く、クーラーをつけなくてもいい日が続きましたが、やっと付けるような夏の日になってしまいました。

暑いのはいやだなー。

さて、今日はヤブ北棒が仕上がる日です。

これも2日がかりです。

どうしても異物除去装置などにかけて、いい物を作ろうとすると、ある程度の量の物は2日がかりになってしまいます。

今日の午後には出来上がる予定です。

また、業務用の「花の雫」も同時に仕上しています。

仕上がりは明日のやはり午後の予定です。

今日1日かけて、抜き分け、色撰などをかけて、明日1日かけて火入れ乾燥する予定です。

 

さて、いよいよ明日は茶審査技術競技大会、いわゆる闘茶会の県予選です。

明日はがんばって予選を勝ち抜いて、全国大会に出場権をとりたいです。

なにしろ県内の茶業者すべてですので、150人からの中で競って全国を目指すのですから

競争率が高いのです。

練習してもこればかりは、そのときの体調、感覚、などのメンタルな部分も大きいです。

練習した場所との光の具合によってもお茶の見え方が違ってくることもあり、練習をしても結果が出るとは言えない所が厳しいですね。

でも今年も何とか出場権を得て、段位を4段から上げたいですね。

 

このエントリーは

投稿クライアントの「BlogWrite」

により投稿されました。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ