フォト

書籍・雑誌

2010/02/06

キケン。寝坊した!有川浩スゲー!

まいった・・・。
昨日は金曜ロードショーで、「坂の上のポニョ」を子供に見せて、その後はDVDを見てました。

で、その後に有川浩の「キケン」新潮社読みかけでした。
少ーし読もうかな。

で、止まらなくなっちゃいました。

結局読み込んで今朝は寝坊。
かなりあせりました。
子供がね。

しかし有川浩って、直球の熱いラブコメが得意でした。
最近読んだ「塩の町」も熱いラブコメ。
なんというか一直線の暑さっていうか、まっすぐな熱さが魅力です。

「図書館戦争」なんかはまさにこれ。
早く文庫化にならんかなあ。

で、キケンは熱い大学生の話。
ああいうある意味男の話も書けるんですなあ。

直木賞とか、芥川賞を取ることはできないかもしれませんが、要チェックの作家さんですぜ。

そういえば、「3匹のおっさん」も面白かった。
まっすぐな人間の話はすごく共感できる。
どっかの責任を取らない幹事長とか、やくざのように暴れる誰かとか、現実はそういう人間が少ないからこそ共感でき、ハマるんだと思う。

2008/06/09

休みの日はお疲れ。坂木司はグッド

昨日は大変な事件がありました。
なくなられた方にはお悔やみ申し上げます。
犯人は許せませんね。
過失や事故ではなく、確信犯なのが許せない。

さて、土日は疲れました。
土曜日は、2茶の仕入れ後、子供を保育園で学童保育を頼んであるのですが、その園整備で、畑を耕して畝を作って、さらに五月人形を片付けてヘロへロ。
日曜日は仕入れ後に子供を連れて浜岡の原子力館へ、無料だから良いですよ。近いし。
で、その後ボーリング。ストライクはいらねー。
子供にも負けちゃいました。
疲れてんでしょうねー。
もう夜はぐっすりでしたよ。
で、今日も一番茶の下のお茶を仕上げ中。
明日も2茶の仕入れから。早起きダー。

さて、あるお客様のブログで、坂木司の「ワーキングホリデー」を読んでると書き込んでるのを見ました。
そこで思い立って、「青空の卵」から引きこもり探偵シリーズを読み始めてしまいました。
坂木司の登場人物って、優しいんですよね。
人が良すぎ。でも世の中って捨てた物じゃあないこともありますよね。
頭のような事件だけでなく、助けてくれる人もいるんですから。
太田園ネットショップhttp://teaootaen.syuriken.jp/
太田園HPhttp://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2008/03/27

さて、ゲット。

昨日の画像の答えはまだ募集中です。
といっても同じ答えは駄目ですよ。
ウイットを聞かせた答えをお願いします。

さて、昨日帰った来たところで、サイン色紙が届いてました。
「マップス」のシェアワールドノベルの紹介をしたところ、サイン色紙があたりました。
御存知のように(そうかな?)SFファンで、かなり好きな作家さんのサインを手に入れたのは嬉しいです。
田舎ではなかなかサイン会もありませんからね。
ということで画像でおすそ分け。
Photo
ではまた。
http://teaootaen.syuriken.jp/
http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2008/02/29

うるう年。中国って・・・?

さて、仕事の方は機械の分解整備も半分ぐらいまで終わりました。
余裕で新茶までに準備が出来る予定ですが・・・?
こればかりはお茶の出方次第。
売れてくれたほうがうれしいですが、かといって在庫とにらめっこのところもあります。
足りなくならないようにもしなくてはいけない。
なんぎやー。

さて、今日はうるう年。そのためか、今日は御注文が多かった。(関係ないか?)
そんなこんなで1日ばたばた。
嫁さんは今月が会社の決算月なので、まだ電卓と格闘中です。
そこでせめて応援だけはしています。

さて、中国の検察庁との協議後の発言はいかにも中国。
やはり共産主義者は信用できないと思われると思わないんだろうか?
向こうは支配者層が言った事は、とりあえず認める世情なのか?
ということは日本を属国とでも思っている?
どちらにせよ、あれで余計に中国に不信感を倍加したのは僕だけではあるまいに・・・。

さて、今日Mixiを見ていたら、日記のキーワード2位が「スレイヤーズ」でした。
まあ11年ぶりに再アニメ化だそうです。
とりあえず原作が好きだったので、そういう意味ではなんて息の長い作品なんでしょうね。
でも本編15冊、短編のSP30冊は読み直すにも根性がいるな。
http://teaootaen.syuriken.jp/
http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2008/02/10

ギョーザ ミステリ サイン本 

さて、昨日の夕飯はギョーザでした。
このごろ毒入りの冷凍食品ギョーザで、ギョーザの消費が少ないようですが、食べたい方はたくさんいるようですね。
夕方、皮が足りなくなったので、買いにいったら、品切れギリギリでした。
どうも冷凍で間に合わせていた方が多かったんでしょうか?
ということで、昨日は腹いっぱいにギョーザを食べましたよ。うまかった。
やはり手作りが一番いいですね。

さて、昨日のことですが、Mixiで申し込みした二階堂黎人さんの「軽井沢マジック」の」サイン本が届きました。
Mixiのコミュに、作者自らがプレゼント企画をしてくれたので、早速申し込み。
サイン会などは僕自身が、静岡で住んでいるので、なかなか行けないんです。
結構好きなんですが、なかなかね。
感激でした。
またこういう企画があればうれしいですね。
http://teaootaen.syuriken.jp/
http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2007/12/21

UFO論議。政治家の資質?TV女子刑事

さて、昨日のTVで、女子刑事が最終回でした。
正直なはなし、ちょっとつまらん。
もう少し盛り上がりがあってもよいですよね。
なんか登場人物の設定が作りこんでない気がして、特に韓国人の俳優さんが出る必然性が、裏設定みたいな物を作りこんでないので中途半端ですよ。
次回は、もう少し面白い物を期待です。

さて、相変わらず政界でUFO談義。
なにやっとんじゃ!まったく。
自衛官のコメントの、プロの話し方の方が、「さすがプロ」といった感じです。
「航空自衛隊は、日本の領空に侵入するおそれのある正体不明の航跡を探知した場合に戦闘機を緊急発進させるが、鳥など航空機以外の物体を発見することはあるが、UFOを発見した事例は承知していない」
まったくもう少し自衛隊の資料でも読んでから答えろよな。
特に石破防衛相。少なくともプロとしての話をしてるわけだから。
日本の国防が危ない気がしちゃうのは僕だけ?
http://teaootaen.syuriken.jp/
http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2007/10/16

ガリレオは面白かった。 県知事賞受賞茶を販売してます。

さて、今日Mixi辺りを見てるとガリレオのトピックがトップでした。
面白かったですからね。
東野圭吾さんの小説は、昔の「放課後」や「雪月花殺人事件」は好みなのですが、「十字屋敷のピエロ」や「鳥人計画」から好みから外れてきて、「プルータスの心臓」以後はちょっと読んでません。
しかしこの「探偵ガリレオ」はなかなか面白く、2作目の「予知夢」も読みました。
実際一時間枠のドラマでは短編の方が膨らませやすく、面白くなるんでしょうね。
トリックの再現実験や、犯行時の場面などは感動物ですね。
大掛かりな仕掛けを良くやります。
これはもう来週も見ないと。お勧め。

今夜の有閑倶楽部はあまり期待できないですね。
というか実写ではあのパワーとノリは無理でしょう。
とりあえず見て詰まんなかったら寝る予定。

さてこの間「県知事賞」を頂いた、「ゴールド太田園」ですが、ショップでの販売に写真をやっと載せました。
まだまだ川崎支店の売り出しの準備にかかりキリでなかなか手が周りません。
後2週間しか準備期間がないので内心あせっています。
そのため写真まで手が周らずやっと載せる事が出来たわけです。
Photo
興味のある方はこちらまで。

http://teaootaen.syuriken.jp/
http://www3.tokai.or.jp/tea-ootaen/

2006/10/14

今日は休みですが、仕事中。

さて、今日は会社はお休みなのですが、ひとりで仕事です。
まあ粉の整理の途中を少し片付けておかなくては・・・。
来週いっぱい出物を整理して、粉の整理がもう少し続きます。
何しろ業務用で粉茶をほしいという人が多いので、上の粉茶から下の粉茶まで仕上げしていくとそういう感じに時間がかかってしまいます。
昨日は粉茶の最上級品の「クレモナ粉」ができあがりました。
そして今日は特上粉の続きだけやっておくつもりです。
来週は業務用を2種、そして整理で、再来週には安いほうの業務用を500kgぐらいは支度しないといけませんかね。
なかなか大変だ。
川崎の売り出しのしたくもあるしで、なかなか仕事に追われてしまっていますね。

さて、今朝関東地方では地震があったそうですね。
なかなかゆれたようで大変です。
思い起こせば、僕のちょうど新婚旅行の出発のちょうどその日に阪神大震災でした。
成田のホテルで見て「ここはどこ?」という感じでした。
何しろ静岡に住んでいるものとしては他人事ではありません。
地震には敏感になってしまいますね。

2005/07/19

姑獲鳥の夏

 

さて、「姑獲鳥の夏」ですが、まあ面白かったといえるでしょう。

ただ原作を読んでない人には何がなんだかわからないかもしれません。

また主役の京極堂役の堤真一が余りあってませんよね。

かえって稲垣五郎あたりのほうがあっているかも・・・。

関口巽役の永瀬さんもあまり・・・。

まあイメージは人それぞれ違いますからなんですが・・・。

榎木津役や、木場修やく、中善寺顕子役などは結構はまっていると思いますが・・・。

原田知世の久遠寺涼子もまあはまっていましたね。

やはり演技がうまい。

早々目立たないはまり役は関口君の妻、雪絵役の篠原涼子でしたね。出番は少なかったですが結構はまっていると思いました。

続編があれば重要になってくる役ですね。

しかし、前ふりの量子力学の話などははっきり言って早口すぎて原作を読んでないとそれこそなんとも・・・。

やはり紙のようにはいきませんがもう少しうまく表現、台詞の割り振りをしてもらいたいです。

まあ80%の満足した感じです。

ということで原作を読んだ方にはお勧め、読んでない人には原作を読んでからどうぞの映画でした。

でもあの着流し姿はやはり漆黒では・・。


このエントリーは

投稿クライアントの「BlogWrite」

により投稿されました。
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ